インプラントのイラスト

インプラントは入れ歯などの治療法に比べると、安定度の面や見た目の自然さのことを考えても非常に有効な治療方法であるのは間違いありません。
とくに無歯顎の状態の時にはその実力を発揮する治療法です。
いまでは数多くの歯のトラブルを解決してきた実績があります。
そこで、今回はインプラント治療を取り上げてみようと思いますが、その中でもオールオン4とよばれる治療方法を詳しく掘り下げていきます。

オールオン4は、Dr.パウロ・マロによって開発されました。
従来のインプラントは一本の歯に1本のインプラントを埋め込みますが、オールオン4は、最小で4本のインプラントで自然な歯の状態をつることのできる治療方法になります。
オールオン4はこのように従来のインプラント治療より時間のかからない治療になります。
この治療方法は埋め込むインプラントの数が少なくなりますので、見た目の問題はないかを心配される方もいらっしゃるかも知れません。
見た目に関しては従来の歯に限りなく近い状態を再現できるといっても決して過言ではありません。
しかも、従来のインプラント治療では、骨移植が必要と言われた方であっても、オールオン4を利用すれば骨移植をすることなくインプラントの治療を受けられる可能性も大いにあるのも特徴になります。

この他にもオールオン4には様々なメリットがあります。
治療時間が短いこともこの治療方法のおすすめのポイントです。
もちろん患者さんの歯の状態によっても異なりますが、従来のインプラント治療に比べると、治療回数はかなり少なくなります。
治療回数が少なくてすむ分、時間はもちろん治療費用の負担軽減にも繋がります。

歯医者の施術機械

オールオン4はすべての歯医者さんが行っているわけではありません。
実際に歯医者さんを選ぶ時には、できるだけこれまでの治療経験の豊富なところを選ぶようにしましょう。
オールオン4はとても成功率の高い治療方法ですが、その成功率を少しでも高めるためには、歯医者さんの経験はポイントになります。
無歯顎の方には検討してみることをおすすめします。
治療前には治療回数や抜歯の必要性などしっかりと先生と話し合い納得した上で、治療をスタートするのが良いかと思います。
今回の記事をぜひオールオン4治療の参考にしていだければ幸いです。

ちなみにオールオン6ってなに?

海外の歯医者

ちなみにオールオン6はその名前のとおり、6本のインプラントで治療する方法です。
上でもお伝えしたオールオン4より2本多いインプラントで行います。
ここで疑問になるのがオールオン6とオールオン4は何が違うのかだと思います。

オールオン4が開発されたのは日本ではなく、欧米においてです。
つまり、オールオン4はおもに欧米人を対象とした治療とも言えます。
一般的には日本人は欧米人に比べると骨格のつくりが華奢であると言われています。

欧米人であればオールオン4の治療で十分なケースであっても、日本人の場合オールオン4では十分な安定度を確保できない場合もあるようです。
とくに抜歯が完全に済んだ無歯顎の状態の時には支えるものがなくなるので、オールオン4では不安定になることもあるとのことです。
もちろん、多くの日本人はオールオン4で十分な場合が多いことは念の為付け加えておきます。

オールオン6はオールオン4より2本多くインプラントを使うことになりますので、それに伴い治療回数は若干増えざるを得ません。
また、治療費の負担軽減の点から言ってもオールオン6はオールオン4より少し高めの治療費の設定がされているのが普通です。
とにかく安く、かつ短期間の治療回数で済ませたいとお考えの方はオールオン4の方が魅力的とも言えます。

最後にオールオン4、オールオン6のことについて簡単にまとめておきます。
どちらも従来のインプラントに比べると、短期間での対応が期待でき、そのぶんの負担軽減を見込むことができるのは大きなメリットになっていると言えます。
オールオン4、オールオン6を検討する時には経験豊富な歯医者さんに相談するのが後々の後遺症リスクを最小限に抑えるコツとなります。
顎の骨の状態が弱いため従来のインプラントでは対応できないとの診断を受けた方であってもオールオン4、オールオン6であれば満足な結果を得られる可能性があります。
オールオン4では安定度に問題があると診断された方は、オールオン6を検討するのが一般的な流れ手となります。
どちらも見た目も自然ですので、自信を持って笑うことができるようになると思います。